FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての森、筑波大学

久々の東京です!

今回は、他の院説明会に参加する友人と二人で行きました。
宿泊先は

品川プリンスホテル

めっちゃ、豪盛なホテルのこと。(今までとの比較で)

一応、これまでがビジホだったからというのもあったのだが…。
ちなみに、新宿ワシントンホテルも泊まったことあるけど(本館)、綺麗さ面から品プリの方がいいかな。

sinapuri.jpg

これで、品プリであることを伝えるのはどうかと思うけども…

TOKYO MXを見ることができてとても大満足なホテルでした。
ニセコイ面白かった。特に見るものがなくてもつけっぱなししてた気がします。

ハプナでの朝食、周りの雰囲気ですらお腹を満たすレベル。
次も泊まりたいとか思ったけど、シングルだとイーストタワー…。うーん…。
しかも、お値段も結構するからな…。もう少し大人になってからだろうな。

これ以降は、説明会についてinつくば
入試の話だったり、研究室紹介だったり…

今回、私が行ったところは筑波大学です。
自分の大学が山の中であれば、筑波は森。
広いなー、広すぎる。学校内を自転車で移動する理由も分かったw

さて、今回はシステム情報工学の説明会に参加しました。
当初は、CSの方を受験しようとしていて、教員とアポをとり
「Skypeにて面談」というヒジョーに緊張なイベントも突破したのですが、

「あれ?なんか違う…」

と理系らしかぬ直感的な感覚を後々感じ、結果、専攻を変えることを決意しました。

で、実際に参加したのは知能機能のところ。
カリキュラムとかも、説明聞いてて面白そうとか思いましたが、まぁ、あまりほしがる情報ではないですよね。
みんながメモをとりはじめたのが、入試について。
口頭試問…ねぇ。過去問公開されないのって、どう勉強しろってことですか。
試験範囲わかっても、線形代数と解析って…。広いねぇ。ひろすぎるよ。
最後に、先生から過去問で何が出たかのメモをとっているからそれを引き出せたらいいですねーとか言っていたので、
やっぱり、どこもそういう情報はあるんですねww外部生には辛いとこです。

研究室紹介の時間

外部から来た先輩がいらっしゃって、その方と話をしていてわかったことは、
口頭試問の問題数。一般は30分で12問を解くとのこと。1問2,3分くらいのペースで解く感じみたいですね。
1問10点とか言ってたので、300点中の120点(4割)が口頭試問ですか、単純計算では。
解ける問題を選び抜くチカラも必要だと言われました。計算慣れしてないといけないとかも…。

他にも、どんな問題が出たかをその場で覚えているものを教えていただきましたが、
一次従属と独立とか二重積分とかやっぱりポイントになるところが出るんですね。
自大の推薦判定で勉強しましたが、もう一回ブラッシュアップしとかなきゃ。

それらをまとめると

「基礎をつくりましょう」

とのこと。うん、知ってる。でも、結構なハイペースで解くのは知らなかった。




そんなこんなで、研究紹介スペースを後にして、構内を回ってみようと思うが、迷子。
運良く、ここの学生さんに声をかけてもらい、無事元に戻ることができたり、
実際に研究室の中を見させてもらったり、教授さんとお話させていただいたり…。
ありがとうございます、ほんとうにありがとう。

先生も気さくな方で、外からでも笑い声が聞こえるレベル。
なんか、少年のままな、少年のココロを持った先生でした。

ここで、聞いた話としては、試験は点数高い順ではなく、
足切りライン(ボーダー)を越えることができれば合格みたいです、ココは。

こんな感じかなー、収穫としては。
研究室も、今いるところと同じ雰囲気で良かったし。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。